2019年10月01日

第25回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会へ参加!!

朝晩、風が涼しくなって来ましたね。
日本摂食嚥下リハビリテーション学会が、9月6〜7日新潟県で開催されました。
今年のテーマは「食べるを支える〜地域リハビリテーションの今・未来」でした。
シンポジウムでは、“終末期の食べること”や“看護師がつなぐ、「食べる」を支える医科歯科連携”など参考になる取り組みをたくさん聴くことができました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1f3a.jpg UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ecb.jpg


一般演題では、多職種連携や口腔ケアに関する内容を聴いてきました。
義歯を調整することで、舌のジスキネジア(不随意運動)が軽減され、発話が明瞭になった患者さんのお話を聞きました。硬い物も食べられるようになり、表情がみるみると明るくなったそうです。美味しく食べるためには口腔環境を整えることが大切だと、改めて感じました。

せっかく新潟に来たので観光もしてきましたよ〜
新潟駅からバスに乗って、白山(はくさん)神社でお参りへ
白山さまは「歯の神様・医療安全の神様」だそうです。 
白山神社とは・・・
“白山神社はもともと歯の神様として崇められており、古くは歯の病のことを「歯臭(はくさ)」と総称して言っており、「白山」に通じることからも、歯の篤い信仰を集めていったそうです。
語呂合わせから「歯苦散」とも言われ、歯の苦しみが散じるとして、歯の痛みを止めるのに霊験あらたかな神様とされ、白山神社の箸を使うと虫歯にならないという故事が残っており、歯の悩みのある方々が多く訪れます。“
(境内の案内表示板から)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1f3c.jpg

昔から歯の大切さは意識されていたのですね。

学会に参加して、良い刺激をたくさんもらってきました。
認定看護師の同期とも久々の再会。日ごろの悩みを相談し合ったり、おいしいものを食べてモチベーションがあがりました。

2hg+MAbJQxiyE4f3E3jjhQ_thumb_1ecc.jpg UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1f3d.jpg

わたしも患者さんの笑顔が見られるように頑張りますo(^^)o

by 摂食・嚥下障害看護認定看護師 T & S
posted by 専門・認定看護師 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする