2017年04月14日

定山渓病院で摂食嚥下ケア研修会!!

3月8日、22日と”摂食嚥下ケアに必要な基礎知識とケア方法”というテーマで、お話をさせていただきました
      DSCF5036.JPG
内容は、「正常な摂食嚥下の過程」「加齢に伴う摂食嚥下機能への影響」「摂食嚥下機能のアセスメント」「安全においしく食べるための食事援助」等々、伝えたいことが満載でした
演習ではクッキーを食べてもらい咀嚼運動について考えてもらいました
口腔に意識を働かせて食べることで、舌が非常に複雑な運動をしていることを感じとってくれていました。
DSCF5027.JPG      DSCF5005.JPG
みなさん、真剣にきいてくださりありがとうございました
口から食べることを最期まで支え続けてほしいと思います。

そのためには、持てる力を最大限発揮できるように私たちがどう働きかけるか考えることから始まります
多職種で力を合わせ、患者さんの口から食べることへの願いを実現させていきましょう
posted by 専門・認定看護師 at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

💛院外で研修講義をしてきました💛

みなさん、こんにちは
雪も溶けて暖かくなってきましたね
西円山病院の周りも雪が溶けふきのとうが目を出し始めています
もうすぐ、桜も咲き、西円山から見下ろす景色が、何とも言えないすがすがしさを感じることができるんですよ
患者さんと一緒に自然いっぱいの西円山の空気を吸って、景色を眺める日が楽しみです
さて、3月4日・5日と札幌斗南病院でELNEC‐Jの研修があり、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアの講義をしてきました参加者は斗南病院の看護師さんだけではなく、砂川・江別・岩内などの遠方からも参加されていました
どの病院も高齢者が多く、意思疎通が困難な患者さんに対してどのように関わったらいいのか、試行錯誤しながら向き合っているんだなーと感じました
037.JPG049.JPG055.JPG

講義の最後では、認知症患者の家族が抱える悲嘆についての動画を観てもらったんですが、会場のあちこちから鼻をすする音が聞こえ、涙を流す姿も見えたので、きっと皆さんの胸に響いたのだと思っています
これからも老人看護専門看護師として、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアを伝えていけたらなーと思っています
これからも、宜しくお願いします
では、またお会いしましょう
posted by 専門・認定看護師 at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする