2017年06月30日

日本老年看護学会へ行ってきました!

みなさんこんにちは
認知症看護認定看護師の白川です。

本格的に暑くなってきましたね
西円山病院の周りでも、青空と山々の稜線がとても綺麗に映し出され、仕事の合間の癒しとなっています
患者さん達も天気の良い日には屋上へ散歩に出かけることができるんですよ

さて、今回は6月14日・15日・16日に名古屋で開催された日本老年学会総会日本老年看護学会へ行ってきましたので、そのお話をさせていただきます。
image1.JPG
今回は、老年看護分野の他に老年医学会・日本老年精神医学会・日本老年歯科医学会など合わせて7つの分野合同の学会で、看護だけでなく、多職種の視点から認知症の方への支援の方法について学ぶことができました。
以前ブログでお話しした認知症ケアチームも、活動されている多くの病院から、その活動の成果や課題が発表されていました。今回学んだことを、実際の現場でどんな風に活かすことができるかなぁ・・・と考えている最中です

学会が終わった後は、同じ認知症看護認定看護師として活躍している仲間と、日頃抱えている悩みや目標を語り合うこともできました。
学会はたくさんのパワーを貰うことができる場でもある気がします。

これからも、認知症を抱える患者さん達が安心して過ごせるように、そして、認知症ケアで困難を抱えているスタッフを支援できるように頑張っていきたいと思います

名古屋では、コレにもパワーを貰いましたよ
image2.JPG
ひつまぶし美味しかったです

posted by 専門・認定看護師 at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

定山渓病院で摂食嚥下ケア研修会!!

3月8日、22日と”摂食嚥下ケアに必要な基礎知識とケア方法”というテーマで、お話をさせていただきました
      DSCF5036.JPG
内容は、「正常な摂食嚥下の過程」「加齢に伴う摂食嚥下機能への影響」「摂食嚥下機能のアセスメント」「安全においしく食べるための食事援助」等々、伝えたいことが満載でした
演習ではクッキーを食べてもらい咀嚼運動について考えてもらいました
口腔に意識を働かせて食べることで、舌が非常に複雑な運動をしていることを感じとってくれていました。
DSCF5027.JPG      DSCF5005.JPG
みなさん、真剣にきいてくださりありがとうございました
口から食べることを最期まで支え続けてほしいと思います。

そのためには、持てる力を最大限発揮できるように私たちがどう働きかけるか考えることから始まります
多職種で力を合わせ、患者さんの口から食べることへの願いを実現させていきましょう
posted by 専門・認定看護師 at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

💛院外で研修講義をしてきました💛

みなさん、こんにちは
雪も溶けて暖かくなってきましたね
西円山病院の周りも雪が溶けふきのとうが目を出し始めています
もうすぐ、桜も咲き、西円山から見下ろす景色が、何とも言えないすがすがしさを感じることができるんですよ
患者さんと一緒に自然いっぱいの西円山の空気を吸って、景色を眺める日が楽しみです
さて、3月4日・5日と札幌斗南病院でELNEC‐Jの研修があり、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアの講義をしてきました参加者は斗南病院の看護師さんだけではなく、砂川・江別・岩内などの遠方からも参加されていました
どの病院も高齢者が多く、意思疎通が困難な患者さんに対してどのように関わったらいいのか、試行錯誤しながら向き合っているんだなーと感じました
037.JPG049.JPG055.JPG

講義の最後では、認知症患者の家族が抱える悲嘆についての動画を観てもらったんですが、会場のあちこちから鼻をすする音が聞こえ、涙を流す姿も見えたので、きっと皆さんの胸に響いたのだと思っています
これからも老人看護専門看護師として、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアを伝えていけたらなーと思っています
これからも、宜しくお願いします
では、またお会いしましょう
posted by 専門・認定看護師 at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

認知症ケアチームによるラウンドしてます!〜認知症看護認定看護師の活動

みなさん
こんにちは〜


今回は 認知症ケアチーム のメンバーとして

活動している 認知症看護認定看護師 の様子をお伝えします


当院では認知症看護認定看護師が

認知症ケアチームのメンバーとして

各病棟をラウンドし、病棟スタッフの支援、指導 を行っています。

認知症看護認定看護師白川さん

その活動について聞いてみました🎤


「当院では、今年の10月より

 認知症ケアチームの活動が始まりました。

 高齢者の方や認知症を抱える方は、

 入院による慣れない環境での生活、治療、疾患の影響などにより、

 心身ともにストレスを抱えやすい状態です。

 そのため、認知機能(もの忘れなどの症状)の低下や

 認知症の周辺症状(幻覚・妄想・せん妄・徘徊など)を

 起こしやすくなると考えられています。

 認知症ケアチームは、それぞれの職種の専門性を活かし、

 認知症を抱える患者さんが、身体疾患の治療を円滑に受けることができ、

 安心して療養生活を送ることができるよう、

 病棟と連携して、支援することを目的としています。

 毎週、チームで各病棟をラウンドし、

 認知症の症状に合わせたコミュニケーションや

 環境調整などが行われているかを確認し、

 困難な事例がある場合には病棟と共にケアの方法を検討しています。


 IMG_1748-2.jpgIMG_1749.JPG
 【認知症ケアチームによるラウンドの様子】

 認知症ケアチームは、認知症に関する専門的な知識を持った

 医師、看護師、社会福祉士で構成されていますが、

 病棟では更に多くの職種が患者さんの生活に関わっています。

 患者さんや現場で働くスタッフの生の声を聞きながら、

 認知症を抱えていても、患者さんがよりその人らしく生活でき、

 よりスムーズに治療を受けることができるようなケアを

 提供していきたいと考えています。」




 IMG_1750-2.jpg


当院は、高齢者の患者様が多く、認知症を抱えている方々も少なくありません。

認知症ケアチームの活動を通し、
病棟スタッフとともに認知症患者様の療養環境の支援 を行い、

認知症ケアの質の向上を
これからも当院では目指していきます
posted by 専門・認定看護師 at 04:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

感染管理認定看護師による医療公開講座の模様デス。

こんにちは〜

札幌は紅葉 かと思ったら いつの間にかすっかり寒くなり

病院周辺にも度々雪  が ちらちらすることが多くなりました。

“インフルエンザ”も ちらちらと出てきているようです。

みなさん 体調にはお気を付けてくださいね


s_20161022_koukaikouza.png

さて、先日 10月22日(土)、かでる2・7において、

当院主催の

「第19回 地域で暮らす高齢者のための医療公開講座」

が開催されました。

今回のテーマ

「これから気をつけたい感染症とその対策

〜その手洗い本当にできていますか?〜」


ということで、

当院の医師とともに、感染管理認定看護師伊藤さん

お話をさせていただきましたので

その模様を本人よりお伝えします


 まず、医師が主に秋から冬の季節に流行する
 
 感染症の症状・診断・治療などについての講義を行いました。

 その後、「今日からできる感染症予防」と題して、

  感染症はどのように広がるのか(感染症が手から"うつる"しくみを中心に)

  手洗いの重要性と正しい手洗いの方法

  インフルエンザ、ノロウイルス感染症をどうやって防ぐ?
    かかったらどう対応する?
  
 という内容について、

 手洗いやマスクのつけ方などの演習を交えながらお話しました。


s_講義風景@.JPGs_講義風景A.JPGs_講義風景C.JPGs_講義風景B.JPG
感染症の症状・診断・治療などについての講義を行った曳田先生とともに演習・実践!楽しそうです 


会場のみなさまが、うんうん、と真剣に、
 
 そしてときどき笑顔や「えーそうなの!」と驚いた表情をみせながら
 
 参加してくださったので、こちらも楽しくお話することができました。

 今回は、参加されたみなさまに
 
 「正しい手洗いを行うことが感染症予防のためにいちばん重要で、いちばん効果的」

 だということを知っていただきたい、
 
 そして正しい手洗い方法を知って生活の中で実践していただくことで、
 
 感染症から身を守るお手伝いができれば・・・
 
 と思いながらお話させていただきました。

 たかが手洗い?今さら手洗い?と思われるかもしれませんが、
 
 "されど手洗い、今こそ手洗い!"ということがお伝えできているといいなぁと

 思います。

 今年の冬も、みなさまが感染症などにかかることなく、
 
 健やかに乗りきることができるよう願っております。


s_slide1.pngs_slide2.pngs_slide3.pngs_slide4.pngs_slide5.pngs_slide6.png

参加された方々の反応もよく

何より伊藤さん本人も楽しそうにお話をされていた様子が写真でもみられて

とても有意義な医療公開講座でしたヨ

from A

posted by 専門・認定看護師 at 03:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

新たに加わった認知症看護認定看護師の紹介デス(^^)/

みなさん こんにちは


今日は、前回に引き続き

新たに認定された認定看護師の紹介ですっ


認知症看護認定看護師

細川善吉さんです。

s_hosokawa.png
  細川善吉さん

「認知症看護認定看護師は、

 認知症の人の“意思を尊重”しながら“権利を擁護”し、

 人生の終焉まで

 “その人らしく”過ごすことができるようにサポートする

 という役割を担っています。

 その他に、看護・介護に携わる人に対する指導や相談、

 地域におけるケアマネジメントなども重要な仕事です。

 当院は認知症と診断された方が多く入院されています。

 認知症の人に対して“こちらの言うことがわからない人”

 “自分の意思を表現できない人”“何もできない人”という
 
 イメージを持たれる方が多いと思います。

 ですが、認知症の人の尊厳を守り、ゆっくりしたペースで

 しっかり聴こう・関わろうとすれば、意思が示されていることに

 気付くことができます。

 また、さまざまに起こる行動や症状にも意思を表現する

 メッセージだと捉えると、認知症の人の気持ちに近づくことができます。

 このような視点を一緒に働くスタッフと共有しながら、

 入院されている方々に安心して療養生活を送っていただけるための

 支援をしていきたいと思っています。」


 
認知症の患者は 今後も増え続けていくことが予想されています。

そういった中、当院においても益々の活躍に期待です
 







posted by 専門・認定看護師 at 02:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

新たに加わった 感染管理認定看護師を紹介します。

みなさん こんにちは〜

お久しぶり・・・になってしまいました

今回は、あらたに認定された

感染管理認定看護師 をご紹介します。


当院では

感染管理認定看護師としてなんと4人目  の

伊藤美里さんです。

CNIC4.png
当院の感染管理認定看護師の皆さま
(右から二人目が伊藤さん)


「当院4人目の感染管理認定看護師として活動します。

 医療関連感染が起こると、

 人(患者さんだけでなく、ご家族、面会者、職員等すべての人)の

 QOLは著しく低下します。

 そのため、ケアの日常的なケア場面での

 感染対策の実施(一番は手指衛生!)が重要です。

 しかし、感染対策は日々がんばって行っても、

 目に見えて患者さんの状態が良くなったり

 直接感謝されたりすることは少なく、

 モチベーションが上がらない…

 ということがあるかもしれません。

 また、感染対策はエビデンスが明確なものも多く、

 ガイドライン等も数多く出回っていますが、実際の現場では、

 「理想はそうかもしれないけど、現実は難しい!」ということが多々あり、

 そこが悩みどころではないでしょうか。

 現場の環境、使える資源、対象となる人(患者さん、ご家族、職員)などの

 状況をふまえた上で、

 各現場の皆様や各分野の先輩認定看護師といっしょに、

 実行可能な感染対策を考えていけたら と思っています。

 どうぞよろしくお願いします。」



一緒に頑張っていきましょう 



posted by 専門・認定看護師 at 03:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

新人研修では、こんな活動をしています〜新人研修における活動〜

みなさん、おはようございます

2016年度が始まり、当院にも新入職員がやってきました。

毎年、新入職員の研修では、

各分野の専門・認定看護師が、

それぞれの専門性を活かし、

研修を担当しています


「認知症ケアの基礎」 では、認知症看護認定看護師 が、

 認知症の基本的な症状の理解、

 関わり方やコミュニケーションの基本的な姿勢等について講義を行いました。



「感染管理」 では、感染管理認定看護師 が、

 標準予防策と感染経路別の対策について講義をしました。



摂食嚥下ケア認定看護師 

 「摂食嚥下ケアの基礎」 と題して、

  安全においしく食べるための食事援助の講義と、

 「心地よい口腔ケア」 と題して、

  口腔ケアに必要な基礎知識と技術について講義しました。



皮膚排泄ケア認定看護師 

 「皮膚障害の基礎とケア」 と題して、

  皮膚の解剖整理と基礎的ケアについて

 「排泄障害の基礎とケア」 と題して、

  排泄についての解剖生理と基礎的ケアについて講義をしました。



「臨床倫理について」 は、老人看護専門・緩和ケア認定看護師 が、

 倫理的問題や意思決定支援の重要性を

 グループワーク等を交えながら講義をしました。


新人研修「臨床倫理について」の様子
s_IMG_1458.JPGs_IMG_1461.JPG

s_IMG_1462.JPGs_IMG_1465.JPG

s_IMG_1463.JPG




今年度も始まったばかり

このように、専門・認定看護師は、職員研修を通し、

看護・介護の質が高まるよう、

専門的な知識の指導等を行い、

日々活動しています
posted by 専門・認定看護師 at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

感染管理認定看護師の活動〜『ICTラウンド』

みなさん、こんにちは〜

新年度も始まり、

また新たな気持ちで、当院認定看護師皆々

頑張っていきますので

よろしくお願いします


さて、今回は感染管理認定看護師の業務を一つご紹介します。

感染管理認定看護師が所属している

ICT (Infection Control Team、感染対策チーム)
では

感染対策の徹底管理として、毎週ICTラウンドを行い、

清掃・輸液管理全般・洗浄・消毒、環境整備等々を推進しています。


ラウンド時は、ICTメンバーである医師、薬剤師、検査技師の多職種とともに、

チェック用紙を使用し、必要な場面は写真にとり、現状の把握を行っています。

ICTround MRI.gif.gif←「ICTラウンドの様子(新設されたMRI室にて)」

ラウンド後は、

内容に応じて、速やかに口頭による伝達と、

報告書にて写真を使用し視覚的なフィードバックもしています。

実際、前回ラウンド時に課題としてあがっていたことに対して、

速やかに対応され、日々の改善につながっていることも多く

現場のスタッフも頑張ってくれています


以上 感染管理認定看護師によるICTラウンドの様子でした
posted by 専門・認定看護師 at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

摂食嚥下分野の院内認定ゼミ

こんにちは〜

今日は、摂食嚥下分野院内認定ゼミの様子を

3月3日

今年度よりはじめてている摂食嚥下分野の院内認定ゼミ風景です。

s_IMG_1608.JPG

院内認定自らが活動スケジュールを立案し、

1年間やってきました。

今年度は毎月、事例検討を輪番制で重ねてきました。

それぞれに気づきが生まれ、学びになったようです。

時間をけずって頑張って

取得した院内認定資格です。

管理者の方が、

その資格をどう病棟で活かして役割を発揮してもらえるか

支援してあげてほしいと思います。

次年度は知識や技術、伝える力、アセスメント力を高めたいと

自分たちの目指すことを語っていました。

見守っていきたいと思いますっ

これからさらなる活躍 期待してますヨ。

頑張れ 院内認定 
posted by 専門・認定看護師 at 04:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする