2018年06月25日

日本老年看護学会 IN久留米 を終えて

日本老年看護学会IN久留米=最終日が終わりましたとても充実した2日間でした改めて今後していかなければならないこと、そのために日々感性を磨き上げていかなければならないことを痛感した学会でした、業務の多忙化.人員不足.在院日数の短縮化と叫ばれていく中で、いつのまにか、​高齢者が「心地よい」と思えるケアが置き去りにされ​、業務の効率化、簡略化に意識が向けられていたのではないかと、気付かれました
皆さんはどうでしょう?私達が良いと思っていることが、決して高齢者にとって良いこととは言えないですよね高齢者が納得できる最善とは何か?を常に考えてケアするそのものが臨床倫理ですそんな看護主導の現場を整えて行きたいです
久留米の方々とても温かく、私達看護師を迎えて下さってありがとうございましたD54B501E-87D7-4E89-B8CD-C2674E107D49.jpg889D9869-6ABA-490A-A643-FF58A2A1912F.jpg7AFAACE6-D82A-43EA-BDC6-0B76D7CEE33F.jpg   0FECF6D5-925D-4277-8C23-F91AE06936C1.jpg 0F5B38E2-BE18-47F7-9973-290EFFD85C7E.jpg   FC5AA558-8634-4BD8-8CD7-B8252F8A640D.jpg

posted by 専門・認定看護師 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

日本老年看護学会 IN 久留米

皆さん、こんにちは
お久しぶりです
ただ今、久留米で開催されている日本老年看護学会に来ています
第23回の参加者数は約1900人
看護学会でこんなに集まるなんて凄い
街も情緒があって、狭い心を広げてくれる、そんな落ち着いた、どこか懐かしい香りのする街です
2025年度問題に向け、私達看護師が何をすべきか、専門看護師としての役割は何か、そんなテーマを突きつけられた1日でした
明日、最終日、たくさん刺激をもらって、新たな知識を習得して帰りまーす✈️
ただ今、同期の仲間と美味しいワインを飲みながら談笑してまーす
A093A8ED-F5D3-4E02-A165-CD63EF4ED728.jpgAF4C051C-EBB9-4E02-9816-9707D1E4323B.jpg
8FD88638-F86B-433D-B004-891051531E61.jpg5132FEC8-86AF-493A-A130-1851EA30C2BA.jpg
posted by 専門・認定看護師 at 23:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

WOCの呟き

こんにちは。皮膚・排泄ケア認定看護師の土屋です




先月、京都で「日本創傷治癒学会」が開催されました。テーマは「多職種の力を一つに 〜キズを早く綺麗に治す〜」でした




皆さんは、キズの「陰圧閉鎖療法」という治療法は知っていますか?キズに吸引器を付けて早く治す治療法です。思えば僕が10数年前、キズに興味を持ったのはこの治療法で大きな床ずれを治せたことがきっかけでした




今回の学会では「陰圧閉鎖療法」のセッションが多かったのですが、僕が初めてこの治療を行なった時は何から何までお手製でとても大変なものでした。管を傷口に置き防水フィルムで密閉して注射器で引っ張ります。空気が漏れないように義歯安定剤を使用したりしていました




@簡易NPWT.png簡易NPWTA.png





しかし、最近は「陰圧閉鎖療法」を行なうキットが数種類発売され、治療法に診療報酬も付くようになり非常にやりやすくなりました。これは、「陰圧閉鎖療法」専用の本体と吸引に使用するグッズです。




@VAC.pngVACA.png




話は変わりますが、僕は車が趣味で古い車に乗っています。直しても直しても色んなところに床ずれができてしまって...ま、そんなところがかわいいのですが...




錆で穴の開いた部分に...


ジム@.jpg









アルミテープを貼って...


ジムA.jpg










色を塗って隠して...


ジムB.jpg










ごまかしているだけの治療法です。このキズも「陰圧閉鎖療法」で早く綺麗に直せたらいいのですが...。歳を取ったら色々受け入れて色々な障害と巧くお付き合いしていくことが大切です。高齢者看護、高齢車看護は奥深いですね...


2017年も残り少ないですが御自愛ください


posted by 専門・認定看護師 at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

感染管理認定看護師より活動紹介 〜ICTセミナー〜

こんにちは、感染管理認定看護師の伊藤です。
年末の忙しい時期ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


さて、今日は私が所属するICT(感染制御チーム)の取り組みの一つ、

「ICTセミナー」についてご紹介したいと思います



「職員が感染対策に興味や関心を持てる機会をつくりたいね」

「感染対策を誰でも気軽に学べる場があったらいいね」


という、私も含めICTメンバーの声がICTセミナー立ち上げのきっかけでした。

今年度より月1回ペースで感染対策に関するセミナーを企画・運営しています。

コンセプトは「誰でも自由に、気軽に参加できるセミナー」

1回30分間、申し込み不要、職員なら誰でも参加できることができます。


ICTセミナー風景.jpg

ICTは4職種(医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師)で構成されているので

講師は各職種が月替わりで担当しています。

現場実践で活かせる内容を楽しく学べるように演習も取り入れつつ、
メンバーみんなで試行錯誤しながら回を重ねているところです


第2回「なぜ感染対策が必要なのか?」担当:枝川医師
医師担当セミナー.jpg個人防護具着脱演習.jpg
講義で感染対策の必要性など学んだ後、個人防護具の着脱演習をしました。


第3回「抗菌薬の環境汚染」担当:倉林薬剤師
薬剤師担当セミナー.jpg
耐性菌は病院の中だけの問題ではないことを改めて実感!


第4回「当院における結核の検査とその対応」担当:新野臨床検査技師
セミナー結核対応.jpgN95マスク着脱演習.jpg
臨床検査技師よる結核の検査のお話&N95マスクの使い方の演習を行いました。


第5回「いざという時に慌てない!汚物処理セットの使い方」担当:伊藤看護師
汚物処理デモ.jpg汚物処理演習.jpg
臨床検査技師と看護師で寸劇まじりのデモを行った後、全員で模擬吐物処理の演習を行いました。80名以上の参加があり、ICTメンバーもうれしい悲鳴!


第6回まで終了し、予想以上に多くの職員に参加していただきました。
毎回楽しみにしていると言ってくれる方もいて、とても嬉しいです



感染対策の「小さな一歩」として始めたICTセミナーですが

今後も継続できるように、そして当院の感染対策の質向上を目指して
これからもICTメンバーみんなで力を合わせて頑張りたいと思います
posted by 専門・認定看護師 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

看護部ブログの方へ掲載!!

2017年11月1日
今日から11月ですね
みなさん、体調は崩されていませんか?
遅くなりましたが、9月に参加してきた学会と10月に開催した院内研修について看護部ブログに載せています
ぜひご覧ください

posted by 専門・認定看護師 at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

認定看護師の卵が研修会を行いました!

みなさんこんにちは

すっかり寒くなりましたが、風邪にはお気を付けくださいね
西円山病院の周りは木々が綺麗に色づいております
この季節の眺めは最高ですよー!仕事の合間に癒されています
西円紅葉.jpg

さて、今回は認定看護師になるために西円山病院へ実習に来ている研修生のお話をさせていただきますね。
9月から2名の研修生が認知症看護認定看護師になるべく、約5週間の実習を行っています。
患者さんが穏やかに、尊厳をもって入院生活を送ることができるよう、日々患者さんに寄り添い、様々な職種のスタッフと協力し、試行錯誤しながらも、患者さんにとっての最善のケアを考え、実践しています。そんな姿を見ていると、私も初心に帰ったような思いになり、身が引き締まります
そして先日、研修生2名に実習の集大成となる職員研修会を開催してもらいました
研修生研修会B.jpg
実習期間の忙しい中、頑張って資料を作ってくれました!
研修生研修会A.jpg
研修生研修会@.jpg
ただ聞いてもらうのではなく、認知症の人の立場になって想像してもらい、そこから認知症の方への実践的なケア方法を、実習での学びも織り交ぜながらお話ししていただきました。
研修生2名はとても緊張した様子でしたが、認知症ケアに対する熱い思いを伝えられたのではないかと思います

5週間の実習は、あっという間に終わってしまいますが、これからは認定看護師という仲間として、それぞれの場所で活躍することを願っています
posted by 専門・認定看護師 at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

認知症の院内研修会を実施しました!

みなさんこんにちは
認知症看護認定看護師の白川です。

暑い日が続いていますが、熱中症対策はできていますか?
当院も、クーラーと扇風機がフル回転でお仕事をしています。
体調にはお気を付けくださいね。

さて、7月28日に認知症ケアの院内研修として、看護職・介護職を対象としたBPSDに対する対応方法の研修と認知症サポーター養成研修を行いました。
BPSDとは行動・心理症状ともいい、病院に入院された患者さんにBPSDが見られると、スムーズに治療を受けられなくなる可能性があります。しかし、適切に入院環境を整え、予防的に丁寧なケアを行うことで、BPSDが見られずに過ごされる患者さんもいらっしゃいます
研修では、認知症の基礎からBPSDが起こる仕組み、BPSDの予防と症状の改善のための情報収集から話し合いまで、かなりのボリュームでしたが、日頃の患者さんの症状と照らし合わせて聞いていただけたかと思います。最後には、実際の患者さんを想定したグループワークを行い、BPSDにたいしてそれぞれの患者さんに合わせてどのようなケアの工夫が必要かを考えてもらいました。
一人の力では難しくても、みんなで力を合わせれば、違った視点も見えてきます。認知症の患者さんのケアには、患者さんを支えているたくさんのスタッフの視点が必要です。それを参加者の皆さんに実感していただかたかなと思います。
認知症を抱えながら、これまでとは全く違う環境で、様々な苦痛を伴った入院生活を送ることは本当に辛いことだと思います。ケアの力で少しでも患者さんが安心して治療やリハビリに専念できるよう、これからも認知症ケアを伝えていきたいと思いました。

007.JPG
BPSDが見られる患者さんに、どのようなケアをすればよいのか、たくさんの職種の視点から話し合うことが有効です!

003.JPG
全職員が認知症サポーターとなることを目標に、定期的に研修を開催しています!
posted by 専門・認定看護師 at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

日本老年看護学会へ行ってきました!

みなさんこんにちは
認知症看護認定看護師の白川です。

本格的に暑くなってきましたね
西円山病院の周りでも、青空と山々の稜線がとても綺麗に映し出され、仕事の合間の癒しとなっています
患者さん達も天気の良い日には屋上へ散歩に出かけることができるんですよ

さて、今回は6月14日・15日・16日に名古屋で開催された日本老年学会総会日本老年看護学会へ行ってきましたので、そのお話をさせていただきます。
image1.JPG
今回は、老年看護分野の他に老年医学会・日本老年精神医学会・日本老年歯科医学会など合わせて7つの分野合同の学会で、看護だけでなく、多職種の視点から認知症の方への支援の方法について学ぶことができました。
以前ブログでお話しした認知症ケアチームも、活動されている多くの病院から、その活動の成果や課題が発表されていました。今回学んだことを、実際の現場でどんな風に活かすことができるかなぁ・・・と考えている最中です

学会が終わった後は、同じ認知症看護認定看護師として活躍している仲間と、日頃抱えている悩みや目標を語り合うこともできました。
学会はたくさんのパワーを貰うことができる場でもある気がします。

これからも、認知症を抱える患者さん達が安心して過ごせるように、そして、認知症ケアで困難を抱えているスタッフを支援できるように頑張っていきたいと思います

名古屋では、コレにもパワーを貰いましたよ
image2.JPG
ひつまぶし美味しかったです

posted by 専門・認定看護師 at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

定山渓病院で摂食嚥下ケア研修会!!

3月8日、22日と”摂食嚥下ケアに必要な基礎知識とケア方法”というテーマで、お話をさせていただきました
      DSCF5036.JPG
内容は、「正常な摂食嚥下の過程」「加齢に伴う摂食嚥下機能への影響」「摂食嚥下機能のアセスメント」「安全においしく食べるための食事援助」等々、伝えたいことが満載でした
演習ではクッキーを食べてもらい咀嚼運動について考えてもらいました
口腔に意識を働かせて食べることで、舌が非常に複雑な運動をしていることを感じとってくれていました。
DSCF5027.JPG      DSCF5005.JPG
みなさん、真剣にきいてくださりありがとうございました
口から食べることを最期まで支え続けてほしいと思います。

そのためには、持てる力を最大限発揮できるように私たちがどう働きかけるか考えることから始まります
多職種で力を合わせ、患者さんの口から食べることへの願いを実現させていきましょう
posted by 専門・認定看護師 at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

💛院外で研修講義をしてきました💛

みなさん、こんにちは
雪も溶けて暖かくなってきましたね
西円山病院の周りも雪が溶けふきのとうが目を出し始めています
もうすぐ、桜も咲き、西円山から見下ろす景色が、何とも言えないすがすがしさを感じることができるんですよ
患者さんと一緒に自然いっぱいの西円山の空気を吸って、景色を眺める日が楽しみです
さて、3月4日・5日と札幌斗南病院でELNEC‐Jの研修があり、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアの講義をしてきました参加者は斗南病院の看護師さんだけではなく、砂川・江別・岩内などの遠方からも参加されていました
どの病院も高齢者が多く、意思疎通が困難な患者さんに対してどのように関わったらいいのか、試行錯誤しながら向き合っているんだなーと感じました
037.JPG049.JPG055.JPG

講義の最後では、認知症患者の家族が抱える悲嘆についての動画を観てもらったんですが、会場のあちこちから鼻をすする音が聞こえ、涙を流す姿も見えたので、きっと皆さんの胸に響いたのだと思っています
これからも老人看護専門看護師として、高齢者のエンド・オブ・ライフ・ケアを伝えていけたらなーと思っています
これからも、宜しくお願いします
では、またお会いしましょう
posted by 専門・認定看護師 at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする